top

 

 スポンサードリンク

プゴクのレシピアレンジ「夕食編」

プゴクでひとり鍋、アサリ編です。

まだまだ暑いですが、鍋が食べたくなったので作ってみました。

アサリの出しで作ってみます。

まず、アサリと干しダラを下ごしらえします。

アサリは砂抜きして水で洗います。

干しダラは水で洗って、30分くらい戻しておきます。

野菜はミズナがあいますが、白菜やチンゲンサイなどでもいいです。

鍋に水をはって、干しダラをいれて火にかけます。

アサリと野菜をいれ、煮えたものからポン酢でいただきます。

シメには、味噌で味付けしてそうめんを入れると美味しいですよ。

うどんでもいいですね。

スープも全部いただけますので、ぜひ試してみてください。

アサリの出しがきいて、ヤミツキになります(・∀・)b



材料です。
 ↓

★日本テレビ系【魔女たちの22時】で紹介された美肌の素!!【プゴク(干したら 200g)】



万石浦産!純天然!採れたて!大粒『 活アサリ 』( 1kg・砂抜き済み )



シャキシャキ!サラダにもどうぞ千葉県産有機栽培【みずな】150g

  


プゴクの本当の作り方

プゴクの作り方は、テレビでは3分で簡単に作る方法を紹介していましたが、美味しく食べるためには少し工夫する必要があります。

本当のレシピを紹介します。

まず、裂いた干しダラを水洗いし、塩分を少し落とします。

水につけて10分ほどおいておきます。

豆腐をサイコロ状に切ります。

長ネギをななめに切り、ニンニクをすりおろします。

鍋にごま油小さじ1入れ、水気を切った干しダラとすりニンニクをいれて炒めます。

色が変わったら、水を入れ、沸騰させます。

豆腐と長ネギを加え、ダシダをいれて味をみます。

ものたりない場合は塩、胡椒でととのえます。

沸騰したら、溶き卵をまわしいれて出来上がりです。

分量ですが、干しダラは5~6センチくらいに裂いたもの10本くらいで1人前です。

ダシダはティースプーン1杯くらい、豆腐と長ネギは好みで適量。

卵は1個です。

2~3人前を一度に作る方がやりやすいかもしれませんね。

もやしや大根などを入れてもおいしいです。


プゴクの材料はコチラでどうぞ
 ↓

■韓国食品■魔女たちの22時で紹介!【プゴク】韓国乾魚物/韓国の乾物/韓国料理/裂き干しタラ(5...



■韓国食品■魔女たちの22時放送プゴク用韓国のスープ料理には欠かせない必須品!牛肉の素/調味...



■韓国食品■魔女たちの22時放送プゴク牛肉の素/調味料/牛肉ダシダ(100g)干しタラ(200g)【...
  


プゴクのレシピのアレンジ「昼食編」

プゴクのレシピを昼食向けにアレンジしてみました。

朝、プゴクを摂れなかったりしたときなどに、お昼で食べられるメニューはいかがでしょうか。

昼食ということで、少しボリュームがあるように、干しダラを使ったクッパ風にしてみました。

材料です。

干しダラ(裂いたもの、水で30分くらいもどす。適量)
たまねぎスライス(1/4くらい)
卵1個
ニラ、適量
しいたけスライス
牛肉細切れ、50グラムくらい

まず、鍋に水を350ccわかし、牛肉の細切れと干しダラをいれてアクをとります。

たまねぎとニラ、しいたけを入れます。

中華スープの素(おおさじ1くらい)、コチュジャン(または豆板醤、好みで適量)、酒(小さじ1)、みりん(小さじ半分)、醤油(一まわし)で味をととのえます。

ごま油かラー油をたらします。

沸騰したら、溶き卵をまわしいれます。

一煮立ちしたら、どんぶりにご飯を茶碗一杯よそい、上からかけます。

刻みネギと胡椒、白ゴマをふっていただきます。


辛いのがだめな方はコチュジャンをいれずに醤油を少し増やします。

中華スープのかわりにダシダでもいいですが、その場合は酒とみりんを増やすといいです。


牛肉でコクとボリュームが増えますので、丼ものの代わりにいいですよ。


材料はコチラで
 ↓

■韓国食品■魔女たちの22時で紹介!【プゴク】韓国乾魚物/韓国の乾物/韓国料理/裂き干しタラ(5...


韓国調味料『コチュジャン400g』「わが家では欠かせません。」と好評!色んな料理に合うので料...


【徳用】ピーケン豆板醤(四川卑県唐辛子味噌)380g(中華料理、調味料)

  


プゴクのレシピのアレンジ「朝食編」

プゴクのレシピを朝食向けにアレンジしてみました。

朝食なので、炭水化物を取りたいですし、手間はかけたくないです。

洗物も少ないほうがいいですよね。

なので、こんなのはどうでしょうか。

「プゴクの野菜とそうめんであっさりと朝食」

材料です。

干しダラ、にんじんのスライス、たまねぎの薄切り、そうめん1把、わかめ、卵1個、ニラ。

まず、干しダラを処理します。

塩分が少なければ裂くだけでいいですが、大体塩辛いので、裂いたあと水で洗います。

ボールにためた水を替えながら、3回くらいジャバジャバと洗って、30分くらい水につけておきます。

その間ににんじん、たまねぎ、ニラを切っておきます。

鍋に水をわかして、ダシダまたは中華スープの素を小さじ1、酒を小さじ1、コチュジャンか醤油を小さじ1いれます。

干しダラをいれて一煮立ちしたら、ほかの材料をいれます。

1,2分煮て、味を見ます。

ここへそうめんを入れて1分煮ます。

ごま油を少したらして、沸騰したところに溶き卵をまわしいれます。

さっとまぜて煮立ったらできあがりです。

刻みネギと白ゴマ、胡椒をふっていただきます。

この一品で、栄養もとれるおいしくて美容にいい朝食のできあがりです。


材料はコチラ
 ↓

【韓国食品・韓国の食材】健康の源!魔女たちの22時で紹介■裂き干しタラ(ブゴチェ200g:10食ー15食)■



【韓国食品・韓国料理】牛肉だし 500g  (牛肉ダシダ)



■韓国食品■魔女たちの22時放送プゴク牛肉の素/調味料/牛肉ダシダ(100g)干しタラ(200g)【プゴクセット】約6人前~10人前分


  


プゴクのレシピをアレンジする

プゴクのレシピは紹介した通りなんですが、ちょっとあっさりし過ぎていて物足りないっていう人もいるかもしれません。

なので、プゴクのレシピをアレンジして、別バージョンのスープを作ってみませんか?

まず、鍋に水と干しダラをいれ、沸騰させます。

ここで、スープの味を変えるために、酒を大さじ1入れます。

甘めが好きな方はみりんを少々入れてもいいですね。

ダシダは小さじ1~2くらいにします。

中華スープの素を小さじ1加え、味見をします。

塩味が足りなければしょうゆをたらします。

干しダラが煮えたら、ごま油を小さじ1入れて、溶き卵をまわしいれます。

ひと煮立ちさせて卵がふんわり固まったらOKです。

刻みネギ、白ゴマ、胡椒をお好みで。

酒とごま油でコクがでて、卵でマイルドな味になります。

辛いのが好きな方は、コチュジャンや唐辛子、ダシダの量などで辛くしてもいいですし、ごま油の代わりにラー油でもいいですね。

■韓国食品■魔女たちの22時放送プゴク牛肉の素/調味料/牛肉ダシダ(100g)干しタラ(200g)【プゴクセット】


韓国調味料『コチュジャン920g』「わが家では欠かせません。」と好評!色んな料理に合うので料理の幅が広がります!☆☆


九鬼 胡麻辣油(ごまラー油) 45g


  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら